緑内障の進行抑制→京大

新しく開発した化合物を緑内障のマウスに投与し、症状の進行抑制に成功したと、京都大の池田華子准教授らの研究チームが発表した緑内障患者への臨床応用を目指すほか、さまざまな目の病気の治療法につながる可能性があるという。論文は19日、英科学誌に掲載された。

緑内障は光信号を脳に伝える網膜の神経節細胞と神経線維が欠損し、視力障害が起きる。国内の患者は300万~400万人と推定され中途失明原因の1位を占めるが、眼圧を下げることが唯一の治療法とされる

研究チームは、さまざまな化合物を合成する中で、神経保護効果を持つ「KUS剤」を開発急性型、慢性型、眼圧上昇型の3種類の緑内障マウスに投与したところ、いずれも神経節細胞の減少が抑えられるなどの効果が確認された

 慢性型では、KUS剤を投与しなかった緑内障マウスの神経節細胞は、正常なマウスの4分の3程度に減少した。一方、10カ月間投与したマウスでは減少がほとんど見られなかった

池田准教授は「5年後の緑内障患者への投与を目指し、年内にも医師主導の治験を開始できるよう準備中」と話している

時事通信2016.04.19

 images-3-48-150x150images

【関連する記事】