絶対に言ってはいけないほめ言葉3つ

男性読者の皆さん、合コンで初対面の女性に対し、「(1)健康的だね」「(2)男前だね」「(3)クールビューティーだね」というワードをほめ言葉のつもりで使っていませんか? 実はこの3つとも女性をなえさせるNGワードなんです。あなたは悪意0%、善意100%でほめたはずなのに、女性という生き物はその言葉を素直に通りに受け取らず、「こいつ、私をディスってるな」と悪い方に解釈する場合もあるのだと言います

 

では一体なぜ、上記にあげた3つのワードが女性をなえさせてしまうのか? 今回、KAWADE夢文庫『男子の失言辞典』から、その理由を紹介したいと思います。

 

まず、それぞれのワードがなぜネガティブにとらえられているのか? ここから解説していきましょう。

 

1つ目の「健康的だね」は「元気がいいね、そして色気はないね」と言われているように感じるそうです。男性からしてみれば下ネタ感を出さないよう、あえて色気を抜いた言葉にしているのですが、それが逆効果なんだとか

 

続いて「男前だね」は「女性扱いをしなくていい女と認定された感じ」と解釈されているそうです。男としては、普段言われないようなフレーズでほめてみようと攻めた結果なのかもしれませんがそれが裏目に出てしまうようです。

 

3つ目の「クールビューティーだね」は「ほめていると見せかけながら、プライドが高いとか愛想がないと言われているようで素直に喜べない」そうです。ここまでくるともはやイチャモンですが、確かに言われてみれば、無口で話しかけづらい女性にはとりあえず「クールビューティーと言っておけばいいや」となりがちです

 

ではなぜ、女性たちはほめ言葉を嫌味だと受け取ってしまうのでしょうか? その原因としてあげられるのが、過去のトラウマや女としての自信の無さだと言います。昔の恋愛の経験から男性の言葉にはどうしても警戒してしまう人が、女子力が低いと卑下し、女としての価値に自信が持てないため、悪い意味に受け取ってしまうことから男性のほめ言葉をゆがんだ形で受け取ってしまうのだそうです

 

では、同じあやまちを犯さないためにはどうすればよいのでしょうか? 『男子の失言辞典』によると「ほめたい内容+なぜそう思ったかを一緒に述べる」のがポイントだそうです。思いついたらすぐ口に出すのではなく、一言付け加えることをお忘れなく。  執筆:向山佳綱(放送作家・ライター)

All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)事情ツウたちの時事コラム2015.08.11

images-3-48-150x150images-5-300x152

【関連する記事】