紫外線と乾燥→春先の肌トラブル

最近、肌の調子が不安定に感じることはありませんか? 実は、春先は一年のうちでもっとも肌のトラブルが起こりやすい季節気候の急激な変化に対応しようと、肌がゆらいでしまうんです。トレンド総研が30~59歳の女性600人を対象に行った調査からは、女性の春先の肌トラブルの悩みや、インナーケアへの取り組みの実態がわかりました!

◆8割が季節の変わり目に肌の調子の悪さを自覚

季節の変わり目の肌の調子について聞くと、8割の人が「季節の変わり目に肌の調子が悪くなる」と回答とくに春先は、「紫外線」(63%)、「空気の乾燥」(51%)、「花粉」(42%)、「寒暖差」(34%)……といった肌への影響が気になる人が多いようです

◆必要と感じていてもインナーケアを「できていない」女性が多数

そこで、普段のスキンケアとして取り入れている方法や、ケアへの意識についてを質問。スキンケアでは、「化粧水や乳液など、基礎化粧品をつける」(64%)、「紫外線対策をおこなう」(42%)、「保湿効果の高い基礎化粧品を使う」(37%)など、外側からのケア=アウターケアが上位に並びます。一方、健康食品やサプリ、肌によい食べ物や飲み物を摂取するといった、内側からのケア=インナーケアを実践している人はやや少ない結果に

◆なんと、インナーケアが十分にできていると感じている人はわずか5%!
しかし、「肌・美容のためにインナーケアは必要だと思いますか?」という問いについては、95%が「思う」と回答。また、インナーケアはアウターケアと比べて、「健康に良さそう」(「肌以外にもよい効果が見込めそう」という声が多く、内側からのケアの必要性と重要性に気付きながらも、大多数は取り入れられていない実態が明らかになりました

インナーケア、手軽に取り入れるにはヨーグルトを!

インナーケアが十分にできていない理由としては、「体にいい食事・食べ物を用意するのが手間だから」と答えた人が40%でトップ。次いで、「体にいい食事・食べ物は価格が高いから」や「何が効果的な食事・食べ物なのか分からないから」がどちらも34%でランクイン

インナーケアの基本といえるのは「食事・食べ物による」ケア。そこで、どんな食べ物なら続けられると思うか聞いてみると、「健康によい」、「手軽に入手できる」、「調理が必要ない、そのまま食べられる」といった回答に加えて、「おいしい」という声も上位にあり、手軽でおいしく、健康になれるコトが重視されていることが分かります。

◆食べる肌美容、取り入れたい食べ物1位は「ヨーグルト」

では、女性たちは具体的にどのような食べ物を取り入れたいと考えているのでしょう? これまで肌のために取り入れたことのある食べ物を聞くと、1位は「ヨーグルト」で51%。続いて、「くだもの」が44%、緑黄色野菜が42%。また、肌のために今後取り入れたい食べ物でも同様の傾向が見られ、1位は「ヨーグルト」51%という結果になりました。

たしかに、腸の状態が荒れていると、体にとって不必要なモノや悪影響を与えるモノまで吸収してしまう可能性もあり、結果として肌に影響がでることもあるといいます腸内環境を整えてくれる発酵食品のひとつであるヨーグルトは、手軽に手に入りすぐに食べられるので、働く女性のインナーケアにはぴったり。内側からのケアを取り入れて、ぴかぴかのお肌で新年度を迎えましょう!

★★★→いろいろな機能食品が氾濫していますが、最終的に「何がききますか?」と尋ねると、わからないとのこと。

でも最終的に効果があるのはミネラルのようです。

ドナン・「DONAN」は、たった1㌘で牛乳2本分のカルシウムを摂取できますし、その他73種の貴重なミネラルを含んでおります

マグネシウムも豊富に含んでおりますので便秘の解消にも、骨粗鬆症対策にも最高です。

donan2

★★★化粧水の効果に驚きました。 ぜひ化粧水「彩美絹色花」を使ってみてください。

★★★化粧水「彩美絹色花」は皮膚の再生医療の技術から生まれたもので、短期間に美しくなりたい方のご期待に副える化粧水です。

f81fd2e4c52864042852c112ce927ae23

 参考 Suits-woman.jp 2015.04.04

【関連する記事】