糖尿病のコントロールは朝食次第!?

古い英国の言い回しに太らないためには「朝は王様のようにたべ、昼は女王様のように食べ、夜は貧民のように食べよ」とあるが、この諺は糖尿病患者の血糖コントロールにも有効かも知れないことが最近の研究で分かった

イスラエルのテルアビブ大学のダニエラ・ジャクボビッチ博士とスウェーデンのランド大学のボー・アレン博士らの研究グループは罹患期間10年未満の2型糖尿病患者18名を2群にわけ、一方の群には高カロリー朝食(740Kcal)、通常カロリー昼食(603Kcal)と低カロリー夕食(205Kcal)を1週間摂取他方の群には低カロリー朝食(205Kcal)、通常カロリー昼食(603Kcal)と高カロリー夕食(740Kcal)を1週間摂取してもらい、翌日(8日目)に朝食前後、昼食前後、夕食前後の血糖とインスリン分泌を調べた。

その結果、朝食が高カロリーで夕食が低カロリーだった群の糖尿病患者は、朝食が低カロリーで夕食が高カロリーだった糖尿病患者にくらべて食後血糖値が平均20%低く、インスリンの分泌が平均20%高いことが分かった。高カロリー朝食には、牛乳、ツナ、グラノーラバー、スクランブルエッグ、ヨーグルト、シリアルを摂取、一方、低カロリー朝食には七面鳥胸肉のスライスとモッツアレラチーズ、サラダ、コーヒーを摂取した。

今回の研究で朝食に高カロリーを摂取したほうが、インスリンの分泌が良く血糖のコントロールも良くなることが分かった食生活のパターンがインスリンの効きに与える影響に関して、午前中は体内時計の影響でインスリンの分泌が亢進、肝臓でのインスリン分解が低下、筋肉でのグルコース取り込みが促進する可能性をジャクボビッチ博士は指摘する朝食と午前中の代謝制御が糖尿病のコントロールの鍵を握っているようだ

参考 産経新聞 2015.07.01

【関連する記事】