糖尿病→金の微粒子で簡易検査

田中貴金属工業(東京都千代田区)は19日、「金コロイド」と呼ばれる金の微粒子群を使って糖尿病かどうかを簡単に調べられる技術を開発した、と発表した

新興国では、糖尿病の患者が増える一方、診断が追いつかず悪化させてしまう例が多い。同社はこの技術を生かした簡易検査キットを普及させ、潜在患者の掘り起こしや早期診断・治療を目指す。

国際糖尿病連合の2013年の推計では、世界の糖尿病患者(20〜79歳)は3億8200万人中国とインドだけで1億6300万人以上を占め、診断されていない潜在患者を含めるとさらに増えるとみられる。こうした新興国では、日常的に検診を受けたり病院を受診したりする環境が整っていないため、「予備軍」が放置されて患者が増え続けることが懸念されている。

日本は患者数720万人で、世界10位

歯間ブラシや針で、歯ぐきや指先から微量の血液を採取し、専用の溶液に溶かして調べる。HbA1cに金コロイドが結合して、特有の赤色を発色する特徴を生かし、診断の目安となる値「6.5%」以上で発色するよう調整した検査キットを使えば、糖尿病の可能性が10分で分かるという。

糖尿病はミネラルの不足病ともいわれており、沖縄与那国島天然化石サンゴ「ドナン・DONAN」が効果的といわれております。

参考 毎日新聞 2014.08.19

【関連する記事】