精子正常運動に酵素不可欠→不妊薬

精子が正常に働くためには、精巣にある脱リン酸化酵素「精子カルシニューリン」が不可欠だとの研究内容を大阪大微生物病研究所の伊川正人教授、宮田治彦助教らのグループがまとめ、米科学誌サイエンスに2日、発表した。マウス実験で、精子カルシニューリン遺伝子を破壊した雄マウスが不妊になることを確かめた
伊川教授は「不妊症の原因究明に一歩近づいた。精子カルシニューリンを安全に阻害できれば、将来的に男性避妊薬の開発につながる可能性がある」と話している。
実験では、ゲノム編集技術を活用して精子カルシニューリン遺伝子を破壊した遺伝子改変マウスを作製。改変マウスの精子は、卵子を取り囲むゼリー状の透明帯を通過できず、受精できなかった。
カルシニューリン阻害剤を2週間投与された雄マウスも同様に不妊となったが、投与を中止すると1週間程度で生殖能力を回復したという
カルシニューリンは全身の免疫細胞や精巣に存在し、人へ応用するには精子カルシニューリンだけを阻害する方法を見つける必要がある不妊薬などの開発には早くても5~10年程度かかる見通し

参考 時事通信 2015.10.02

【関連する記事】