米車も独車も苦戦→日本車は堅調

中国メディアの北京晨報は9日、中国自動車市場において各メーカーの5月における販売台数が軒並み減少し、中国自動車市場が冷え込みを見せるなか日系メーカーの堅調さが目立つと論じた

記事は、上海GMの5月の販売台数が前年比7.6%減となり、一汽フォルクスワーゲン(VW)に至っては同14.5%減となったことを紹介し、中国でこれまで好調だったメーカーも「市場の低迷そのものには勝つことができなかった」と論じた

続けて、一汽VWはゴルフの販売台数が前年比1.9%増とわずかに増えた以外は、ジェッタなど複数の車種でいずれも10-40%の減少だったと伝える一方、「それでも一汽VWの車は各車種別の市場でトップ」と伝えた

また、上海GMは「大幅な値下げを行ったにもかかわらず、販売台数の減少を食い止められなかった」と伝える一方、上海GM側が「旧車種と新車種の入れ替えなどの影響」との見解を示していることを紹介。事実、上海GMの15年1-5月の販売台数は前年比5.1%増と堅調であると論じた。

続けて、韓国の現代自動車の5月における販売台数は前月比11%減だったと伝え、「中国自動車市場における主流メーカーから“流出”したシェアは一体どのメーカーに流れたのだろうか」と疑問を投げかけつつ、各メーカーが発表した情報から「一部の日系メーカーが奪っている」と伝えた

さらに記事は、トヨタやホンダ、マツダ、日産の4社は5月の中国自動車市場でいずれも前年比ベースで販売台数を伸ばしたと伝え、日産は前年比0.1%増にとどまったものの、マツダは同40%増だったと紹介。15年1-5月の累計販売台数においても、トヨタ、ホンダ、マツダ、日産の4社は前年比を上回っていると伝え中国自動車市場が冷え込みを見せるなか、日系メーカーの堅調ぶりが目立つと論じた

参考 サーチナ 2015.06.13

【関連する記事】