米大統領、習主席に国際法に従うよう求める

アメリカのオバマ大統領は先月30日、訪問先のフランス・パリ郊外で、中国の習近平国家主席と会談し、南シナ海をめぐる問題を国際法に従い取り組むよう改めて求めた

オバマ大統領は中国が南シナ海で埋め立てを進めていることを念頭に、「海洋問題をめぐる意見の違いを、平和的に国際法に従って取り組む必要がある」と強調した

また、サイバー攻撃の問題では、企業秘密を盗みとらないことを確認した今年9月の米中合意を守るよう改めて求めた

これに対し、習主席は米中が衝突しないという原則に従い、「建設的な方法で、敏感な問題を解決するべきである」と応じた

また、過激派組織「イスラム国」が米中の国益にとって脅威であることを確認し、シリアの政権移行を支援していくことで一致した

参考 NNN 2015.12.01

【関連する記事】