米国成人の約半数が糖尿病「予備軍」

米国の成人人口の約半数が糖尿病、または糖尿病予備軍であることが8日、発表された論文で明らかになった。ただし、糖尿病患者の数は、過去数十年にわたって増加を続けていたが、現在は横ばいの傾向にあるという

米国医師会雑誌(Journal of the American Medical Association、JAMA)に掲載された論文によると、2011~12年に、米国の成人人口の40%近くが糖尿病の前段階にある「予備軍」で、12~14%が糖尿病を患っていたという

糖尿病患者の割合は、ヒスパニック系が22.6%と最も高くその後にアフリカ系の21.8%、アジア系の20.6%と続いている。白人の調査対象者の糖尿病有病率は11.3%だった。

また、1988~94年には、米国人の9.8%が糖尿病を患っており、2001~02年には同10.8%、2011~12年には同12.4%に増加している

しかし、研究者らによると、最近の増加率はわずかであり「糖尿病の有病率が頭打ちになった」兆候であるとも考えられるという。これについては、同時期に米国での肥満傾向が、ほぼ横ばい状態になったこととも一致している

参考  AFPBB News 2015.09.09

【関連する記事】