米メディアが絶賛!→ホンダの小型ターボ

ホンダが小排気量ターボの本格導入を始めた!

改めて説明するまでもなく、シビックはアメリカでの基幹車種となってます。2016年モデルから新型になるのだけれど、すでに驚くほど高い評価を受けている。燃料電池車と似た新世代のデザインもさることながら、話題は燃費が良くてトルクフルな小排気量ターボだ

シビックのカテゴリーの標準的な燃費は、例えばフォードの人気車種『フォーカス』で街中11.1km/L、高速道路15.4km/Lといったイメージ。アメリカ車としちゃ大いに頑張っている。これ以上良ければセールスポイントになると考えていいだろう

韓国、現代自動車の人気車種であるシビック級の『エラントラ』は街中11.5km/L、高速道路15.8km/L。このクラスにスカイアクティブ技術で殴り込んできたのが『マツダ3』(アクセラ)。何とハイブリッドを除けばダントツとなる街中12.4km/L、高速道路17.5km/Lという素晴らしい数値を実現している。

しかし! 新型シビックの1.5リッターターボの数値を見て驚く燃費自慢のスカイアクティブGを凌ぎ街中13.7km/Lと高速道路17.9km/Lに達したホンダも「ここまで燃費が良くなればハイブリッドも不要」と判断したのだろう

新型シビックにはハイブリッドを設定していない。参考までに書いておくと『高速道路燃費』の数字はアメリカの一般道の実用燃費に限りなく近い現行プリウスのデータで20.5km/Lです。アメリカの公表燃費は、実燃費に近い。新型シビックの燃費の良さがイメージ出来るかと。

すでにアメリカのメディアによる試乗レポートが出始めており、ほとんど絶賛状態特に燃費が良く、それでいてアクセルを踏むと2.5リッター相当のトルクを出し、滑らかに回るエンジンの評価は高い

本来なら2リッター級エンジンを積むボディに1.5リッターを搭載すると、エンジンの存在感も薄くなり質感が上がってくるから面白い。

どうやらホンダは海外の自動車メーカーと同じ小排気量ターボ路線を進むようだ。欧州ならアコード級のボディに1.5リッターを搭載するのもアリだし、フィット級であれば1リッター3気筒というのも面白い

日本でも遠くない時期に1リッター3気筒はラインナップされると思う。マツダと好対照の流れが興味深い。

参考 オートックワン 2015.10.20

【関連する記事】