節分→なぜ豆をまくの?

正しく知って、楽しもう。

2月3日は節分。スーパーでは特設コーナーができ、いろんなお豆が売られていますが、一体なぜ豆をまくのでしょうか。なぜ大豆? どこに向かってまけばいいの? 何個食べたらいいの? うーん、意外とちゃんと知らないものです

そこで今回は、「節分と豆」について、風習の由来や食べ方などをまとめてみました。

そもそも節分って何?

実は「節分」って、1年に4度あるってご存知でしたか?元々は、「季節の分かれ目」を意味する雑節で四季すなわち「立春」、「立夏」、「立秋」、「立冬」の前日をさすもの日本では「立春」が1年のはじまりとして尊ばれたため、次第に「節分=春の節分」のみをさすようになったそうです

平安時代、季節の変わり目には「邪気」が生じやすいと考えられ、それを追い払うための悪霊ばらい行事が行われていましたが、室町時代以降は、豆をまいて邪気を追い出す行事が民間に広まったんだとか。では、なぜ「豆」なのでしょうか?

「節分豆」で邪気を追い払う

節分に豆をまく風習は、中国から伝わったと言われています穀物には生命力と魔除けの力が備わっているという信仰があり特に豆は、語呂合わせの「魔目、魔滅(まめ)」に通じ、鬼の眼(魔目)にぶつけて魔を滅する(魔滅)ことから、主に「大豆」が使われるようになったんだとか

また、豆まきには、炒った大豆すなわち「炒り豆」であることが重要。その理由は、豆まきの後、拾い忘れた豆から芽が出てしまうと縁起が悪いから。炒ることで鬼を封じ込め、まいた豆を最後は人が食べてしまうことで、鬼を退治したことになるんだそうです。また、室町時代からすでに「鬼は外、福は内」と唱えていたことが文献に残っています


 1年の健康を祈って、食べる豆の数は、自分の「歳の数」もしくは「歳の数+1(数え年)」。どちらが正解というわけではないそうですが、これから迎える1年のためにも、1個余計に食べておくのはいかがでしょうか?

ちなみに、北海道、東北、信越地方などでは、炒り大豆ではなく「落花生(マメ科ラッカセイ属)」をまくんだとか。確かに、まいた豆を拾って食べるのは少々抵抗が。殻付き落花生の方が衛生的には安心なのもわかります。念のため、2つの栄養素を整理しました。

残った炒り大豆で「糖質オフごはん」を作ろう!

どちらの豆も、ビタミンB1、B2、B6等のビタミン類、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛等のミネラル類を豊富に含んでいるので、ほどほどに楽しめば美容効果も期待できます。ただし、豆類の中でも脂質主体グループに分類され、特に落花生は約半分が脂質。食べ過ぎには注意しましょう

残った炒り大豆の活用法ですが、「大豆ごはん」はオススメ。米2.5合に豆0.5合くらいの割合で混ぜて炊いてみてください。米に比べて炭水化物量が低く、タンパク質が豊富なため、無理のない糖質オフダイエットが実現します。

成分表 さあ、誰を鬼役にするかは別として、一年の無事を祈り、豆まきを楽しみましょう!

参考 女子SPA! 2015.01.19

【関連する記事】