積水化、温度差発電シートを実用化

積水化学工業 <4204>19日、温冷差を利用して発電する「温度差発電シートに」ついて、実用化に向けた実証実験を始めると発表した2018年度の販売開始を目指す汚れや湿気などに強いのが特長で、乾電池や太陽光発電では対応が難しい地下施設や工場でのセンサー用電源としての活用を見込む

時事通信2016.04.19

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】