秋は→お化粧直しが必須!

秋は肌が乾燥する季節です。これからの季節に備え、いつも以上に保湿を丁寧にしている女性も多いのではないでしょうか?美肌づくりにはスキンケアが欠かせませんが、それ以外にも秋は特に心がけたいポイントが2つあります。それでは見ていきましょう。

◆睡眠時間だけでなく「就床時間」を同じにする

2015年9月に株式会社ディセンシアが30~40代の働く女性158名を対象に行った意識調査によると、「睡眠時間が短いとファンデーションののりが悪くなると感じる」と回答した女性が93%にのぼります。美肌と睡眠時間が密接な関係であることは多くの人がご存知でしょう。

これは、肌の修復は睡眠中に行われますが、睡眠時間が十分にとれないと肌の再生がスムーズにいかなくなるからです短い睡眠時間は身体の体温を低下させ、肌のキメが乱れてしまいますこれが続くと自律神経のリズムやバランスが乱れ、肌のくすみが目立ってしまうことがあります

さらに、2012年に株式会社omronが「美肌づくりキャンペーン」に参加したモニター女性を対象に行った調査では、就床時間のばらつきが平均して34分のグループと、ばらつきが平均して1時間39分のグループとに分けて比較しています。この結果からは、就床時間のばらつきが小さいグループは、大きいグループに比べて約3.4倍も肌の水分保持力が高く、6.1倍もハリや弾力があることがわかっています

つまり、美肌の人ほど毎日同じ時刻に就寝し、同じ時刻に起きる習慣があるのです美肌づくりには睡眠時間をしっかりとるだけでなく、就寝や起床時刻を統一させることを心がけましょう

1日に1度はお化粧直しをする

また、株式会社ディセンシアが行った上記調査によると、1日のうちでお化粧直しをしている女性は69%約3割の女性はお化粧をしていても直さないという結果が出ています肌表面でうるおいを保つ皮脂は、長時間空気にさらされると酸化して「過酸化脂質」の状態を起こします

過酸化脂質とはたとえるなら油を放置して褐色にしてしまった状態ですこれは「肌サビ」と呼ばれ、放置しておくと肌荒れやシミの原因になると言われていますひどい場合はメラニン色素も酸化し、色素沈着をして肌が黒ずんでしまうこともあるでしょう。肌サビを防ぐためには皮脂を放置せずに、少なくとも1日に1度はお化粧直しをする必要があるのです。正しいお化粧直しには2つのポイントがあります。

●皮脂はティッシュで軽く抑える
一般に使われる油取り紙は、肌の必要な油分まで奪ってしまう可能性があります。オイリー肌でない女性は油取り紙よりもティッシュを使って軽く肌を抑えながら皮脂をとるのが最適です

●パウダーは乗せすぎない
まぶたやほうれい線などのシワにファンデーションがたまってしまうこともあるでしょう。そのままの状態でパウダーを乗せると粉っぽさやムラの原因になります。まずはパフに少量のパウダーを乗せ、少しずつ抑えるようにしてなじませていくことが大切です

スキンケア以外にも睡眠時間、お化粧直しを心がけ、乾燥しがちなこの季節を乗り越えましょう!

 

★★★肌のキレイな女性は、とても健康的な魅力を持っています。

もっともっとステキになるために、彩美絹色花で美肌習慣。今から始めてみませんか?

ダウンロード (3)ダウンロード (5) ご注文は、総環ストアで検索してください。

参考 Mocosuku編集部 2015.10.06

【関連する記事】