福岡空港→第2滑走路(10年後完成)

政府は、旅客数国内3位の福岡空港に2本目の滑走路を増設する方針を固めた

2015年度予算案に調査費や設計費を計上する。10年後の運用開始を目指すアジア路線の就航増加などによる混雑や遅延を解消するとともに、外国人旅行客の受け入れ増を図る

年間旅客数1929万人(13年度)の福岡空港は滑走路を1本しか持たない。現在、ピーク時間帯には複数の旅客機が誘導路の上で待機し、日常的に離着陸の遅れが生じている。さらに国内外の航空会社から就航したいとの希望が寄せられており、今後も利用客の増加が見込まれている

政府は、現在の滑走路(2800メートル)の西側に新たな滑走路(2500メートル)を増設し、着陸帯や誘導路なども整備する。15年度中に埋蔵文化財調査や設計などを開始し、早ければ10年後に運用開始する見通しだ。

空港の整備費用は約1800億円で、このうち地方自治体と民間の負担分を除いた約1200億円の大半を、空港の運営権を民間企業に売却した資金で賄う方針だ。地元自治体は運営権売却を容認する意向を示している。

参考 読売新聞 2015.01.04

【関連する記事】