神戸製鋼所→タイヤ・ゴム事業中国拠点

神戸製鋼所は、同社機械事業部門のタイヤ・ゴム機械事業で中国新拠点を設立する、と発表しました

今回新設される中国の事業所は、自動車や建設機械用タイヤ等の製造工程で使用されるタイヤ・ゴム機械(混練機、二軸ローラーヘッド押出機、タイヤ試験機)の中国における営業・アフターサービスを目的とした、神鋼産機系統工程(青島)有限公司(略称:KMQ)で、総投資額は200万元(約4,000万円)、4月からの営業開始を予定しています

神戸製鋼所という社名は、自動車ファンにはあまりなじみがない名前ですが、自動車に関係する事業を数多く擁している会社です。

タイヤ・ゴム機械事業でも、混練機においてトップメーカーであり、KMQを設立して世界最大のタイヤ生産量を占める中国での需要取り込みを図り、世界シェア50%獲得を目指す、ということです

中国は全世界のタイヤ生産量の約40%(出典:日本自動車タイヤ協会)を占めており、中国市場のタイヤ生産量も2015年の約5.2億本から、2020年には約6.5億本まで増加する見込みです(出典:Tire Technology International)。

同社は中国向けにこれまで250台以上のタイヤ・ゴム機械を納入しており、アフターサービスのニーズにこたえるため、今回のKMQを新設することになりました。

ここで、同社のタイヤ・ゴム機械の概略を説明します。図の青線で囲った部分が同社の関係部分です。

まず、タイヤの製造工程の最初には混練機が設置され、原材料のゴムにカーボン、硫黄、薬品などを均一に練り込みます。素材同士の化学反応を誘発させる役割も担っているため、分子レベルでの混練精度が要求されます

次の工程では二軸ローラーヘッド押出機が、混練されたゴムの塊をシート状に押し出します。

そして、ゴムがタイヤとして成形された最終工程でタイヤ試験機がタイヤの最終検査・品質チェックを行い、走行安定性や耐久性などを確認して、タイヤが完成します。

同社のタイヤ・ゴム機械事業は現在、製造・販売拠点として日本、米国、中国、インドの4拠点を有しています

また、技術開発面でも混練機の中心部品であるロータにおいて、同社が開発した新型ロータが、先月ドイツで開催されたタイヤの設計・製造に関する世界有数の技術展示会「Tire Technology Expo」で優秀技術賞の「Tire Manufacturing Innovation of the Year」を受賞するなど高い評価を得ています

(山内 博・画像:神戸製鋼所)

クリッカー2016.04.01

images-3-48-150x150images

【関連する記事】