知られざる通貨→円も人民元も¥表示?

通貨の番人IMF(国際通貨基金)総会が、1ヵ月後の10月8~9日にペルーの首都リマで開催されます。今回の話題はなんといっても、中国人民元のIMFの通貨SDRへの採用の検討でした。決定は延期になりましたが、今年は“通貨”の注目が格段に高まっています

今年は戦後70年ということですが、戦後の国際金融体制ブレトンウッズ体制の中核となるIMFは1946年に設立されました

今回は、国際通貨体制が大きく変わる予感がする中、大事だけれども、なかなか大学などでは教えてくれない“通貨”の基本的な知識を講義しましょう。

通貨の主役は銀だった

紙幣のない中世では、世界各国の通貨(硬貨)の構成は、産出や加工の問題もあり、ほぼ、金・銀・銅であることが多かったのです金の発掘量は少なく現在まで通算でオリンピックプール3杯分しかありません。そのため、一般生活では銀がメインの通貨でした

銀という鉱物は、金ほどの貴重性はありませんでしたがある程度の量が採れ、耐用性もあり、有益な金属でした。金の黄金色ほどではありませんが、銀色は人を惹きつけました。“金”よりも使い勝手が “良”いから、漢字の“銀”になったともいわれています殺菌性も高いため、食器(銀食器)にも使われました。最近でも、汗の臭いを消す消臭スプレーにも使われています

金は少しずつではあっても広い地域で採取されましたが銀の産地は限られていました主たる産地は3地域メキシコから南米、ドイツから東欧、そして日本です

ちなみに、南米のアルゼンチン(Argentina:Argentine)はラテン語で「銀」を意味します。銀の元素記号はAgです。

銀はドイツから東欧で産出されましたが、メインの鉱山はボヘミア(現在のチェコ)のヨアヒムス・ターレル(ヤコブの谷)でした。その鉱山から採掘された銀で作られたということで銀貨には鉱山名を当てましたが、その名称がヨアヒムス・ターレルと長かったため、言いやすいようにターレル(銀貨)といわれることになりました。これが広がり銀貨、すなわち硬貨(通貨)の代表的な名称になりました。その後、読み方がターレル→ターラー→ダラー(ドル)となったのです。ちなみに“ドル”は日本固有のいい方です

「円(圓)」という単位名は中国に由来する。中国では、銀は鋳造せずに塊で秤量貨幣として扱われたが(銀錠)、18世紀頃からスペインと、それ以上にその植民地であったメキシコから銀の鋳造貨幣が流入した(洋銀これらはその形から、「銀円」と呼ばれた。後にイギリス香港造幣局は「香港壱圓」と刻印したドル銀貨を発行したのはこの流れからである

「銀円」は、その名と共に日本にも流入し、日本もこれを真似て通貨単位を「円」と改めた1870年、日本は、香港ドル銀貨と同品位・同量の銀貨を本位貨幣とする銀本位制を採用すると決定したが、直後に伊藤博文が当時の国際情勢を鑑みて急遽金本位制に変更することを建議した[3]。明治政府が貨幣の形状から「円」と名付けたとする説は、俗説である[3]

ローマ字表記が「en」ではなく「yen」である理由は幾つか想定されるが、最大の理由は、幕末から明治にかけての英米国人が「yen」と綴り、それが国際化したためと考えられる

史上初の本格的な英和和英辞典であるヘボンの『和英語林集成』(初版1867年)では、「円」以外にも、「エ」「ヱ(we)」で始まる単語は全て「ye」と綴られている。これは先行する W.H.メドハーストの『英和・和英語彙』(1830年)に倣ったものである。メドハーストは日本を訪れたことも日本人に会ったこともなく、ジャカルタバタヴィア)で、和蘭辞典や日本を訪れたことのある人々の情報を基にこれを著した。この語彙集には「e」と「ye」が混在し、冒頭の仮名一覧には「エ・え」に「e」「ye」の両方が当てられている)。しかしヘボンは、日本語の「エ」がごく一部地域を除いて、[je]ではなく[e]と発音されていたことを知っていたから、ヘボン式ローマ字が確立した第三版(1886年版)に至って、「円」と格助詞の「へ」以外、「エ」は全て「e」に改めた[4]

この時点で、すでに「円」は「yen」として定着していたと考えられる。その理由として、西洋語では「yen」の方が、他の単語と混同しにくいことが挙げられよう(仏語の前置詞 en など)

綴りに引かれて、外国では「イェン」[jɛn]といった具合に「y」を発音する場合が多い。なお、歴史的仮名遣いは「ゑん(wen)」である([je]から[e]への移行時期については、日本語の項の音韻史、または「」の項を参照されたい)。

補助単位としては、

  • – 1円の100分の1(1円=100銭)
  • – 1円の1000分の1、1銭の10分の1(1円=1000厘、1銭=10厘)

が規定されるが、銭および厘単位の補助貨幣および小額政府紙幣1953年末に小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律(昭和28年法律第60号)によって小額通貨が整理された際に使用・流通禁止処分が取られた。現在、「銭」や「厘」の単位は通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律によって「一円未満の金額の計算単位」と定められており(通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律2条2項)、為替株式の取引、少額物品の単価見積で単位としての銭が便宜的に使用されるにすぎない。

ただし、電子マネーやプリペイドカードに限り、一部の取引で小数点第2位まで0.01円単位での取引が認められている。

なお、円にはいくつか種類があり、第二次世界大戦終戦までは内地で流通した日本円の他、外地通貨である台湾円台湾で流通)や朝鮮円朝鮮及び関東州で流通)も存在した(南洋群島は例外的に日本円が流通)。また、満洲国の通貨も「」と称しており、1935年康徳2年)9月以降は日本円と完全に等価で通用していた

また、中華人民共和国の通貨単位である「」の正式名称は「(=圓・円)」であるかつて「”圓”の画数が多い」という理由で、その代わりに同音(yuan)の「元」が当てられ、今日に至る韓国北朝鮮の「ウォン」も「圓(=円)」の朝鮮語読みである(ただし現在はウォンの公式な漢字表記はない)。台湾ニュー台湾ドル香港香港ドルも、国内での名称は「元」ないし「圓」である。すなわち、これら東アジアの諸通貨は、みな本質的には「圓」という名称を共有しているといえる

同様に通貨記号“¥”も日本の円と中国の人民元で共有している

 

 

参考 ダイヤモンドオンライン 2015.09.02

【関連する記事】