睡眠で糖尿病改善?

糖尿病患者の睡眠の質と、血糖値や動脈硬化などの血管障害には密接な関連があると、大阪市立大の稲葉雅章教授らのグループが発表した。論文は14日付の米科学誌プロスワンに掲載された。
稲葉教授は「従来の治療と並行して不眠治療を行うことで糖尿病が改善し、血管障害を予防できる可能性がある」と話している。
研究グループは、日本人の糖尿病の大半を占める2型糖尿病患者の多くが、睡眠障害を併発していることに着目2型糖尿病患者63人の睡眠の質を脳波計で測定したところ、血糖値が高いほど深い睡眠の時間が減少して朝の血圧上昇が高まり、血管障害のリスクが増えることが分かったという

参考 時事通信 2015.04.14

【関連する記事】