目が疲れやすい、乾燥・ゴロゴロする

眼瞼痙攣(がんけんけいれん)という名前を聞いたことがありますか?目が疲れやすい、乾燥が気になる、目がゴロゴロする…ドライアイの症状にもよく似ていますが、眼瞼痙攣という病気が潜んでいる場合もあります
ここでは、眼瞼痙攣について簡単に解説します。

◆ドライアイは増えている?

最近目が疲れやすい、乾燥が気になる、目がゴロゴロする、まぶしく感じる、というような症状がある場合にまず考えられる病気がドライアイです
ドライアイの症状を感じている人が最近特に増えています。増えている背景としては、目を酷使している人が増えているということが第一にあげられます
パソコンを長時間使用したりスマホを常にいじっていたりすると、まばたきの回数が減ってしまいますし、涙の分泌量も少なくなります
その結果目が乾燥してしまい、様々な症状が発生するのです。

◆ドライアイ対策は目の乾燥を防ぐこと
また、コンタクトレンズの使用方法を間違っているような場合や、質の悪いカラーコンタクトレンズを使用しているような場合にもドライアイになってしまうことがあります。

こうした症状を改善するための対策としては、パソコンやスマホの長時間使用をやめて休憩をきちんとはさむということ、そして専用の目薬を使用して目の乾燥を緩和するということです
しかし、時折こうした対策を取っても症状が改善されないということがあります。その際に疑われるのが眼瞼痙攣(がんけんけいれん)です

◆眼瞼痙攣(がんけんけいれん)ってどんな病気?
眼瞼痙攣は聞き慣れない名前ですが、実は多くの人がかかっている可能性のある病気です。というのも、そもそも眼科の病気ではないですし、ドライアイと症状が同じなのでとても間違われやすいのです。2つの病気はそもそも原因に違いがありますし、当然対策も違ってきます。
眼瞼痙攣の原因は神経回路の異常にあります脳の神経回路の異常が目の周りの症状として表れてきているのです。そのため、当然ですがドライアイの治療法を実践しても改善することはありません。
しかし治せない病気なのかというとそうではなく、きちんと通院によって治療することができる病気です。似たような症状なので勘違いをしてしまいやすいところですが、正しく対処してきちんと治療すれば治すことができます

◆ポンポコポン、ギューギューテストって?
そこでまずやっておきたいのが「ポンポコポン、ギューギューテスト」というものです。「ポンポコポン」の時にリズミカルに目を閉じて、「ギューギュー」の時に思い切り目を閉じます。これがスムーズにできれば眼瞼痙攣ではありませんが、違和感があるようであれば病院を受診して確認するべきです。

40代以上の女性に多い病気と言われていますので、当てはまる年代の人は特に注意してチェックしていくようにしましょう。

参考 Mocosuku編集部 2015.01.11

【関連する記事】