皮膚がん治療薬→膵がんに有効

大分大は30日、東京大医科学研究所などとの共同研究で、難治がんの一つ、 膵(すい) がんの進行を遅らせるのに、皮膚がんの治療で使われる分子標的薬が有効であることを動物実験で証明したと発表した。研究内容は米国の科学雑誌「Cancer Research」の電子版に掲載された。(読売新聞西部本社社会部 高良亜矢子)

大分大によると膵がんは、がんの中でも最も治療が難しいと言われ、多くが進行した状態で発見される。研究では膵がんの進行メカニズムの解明に取り組み、今回、早期の上皮内のがんが浸潤がんに移行する際、がんを進行させる酵素を抑制する遺伝子がなくなることがわかった

 この遺伝子に代わって、酵素の働きを抑えることが有効な治療法と考え、動物実験で、膵がん細胞を移植したマウスに皮膚がんの治療で使用される分子標的薬を投与した結果、がんの増殖や転移を抑えられることが分かった

さらに、分子標的薬を与えたマウスと薬を与えなかったマウスを比較すると、分子標的薬を与えたマウスが平均して約30日長く生きることも分かった

筆頭著者の泥谷直樹助教は「さらに延命できるよう、今後も動物実験を繰り返し、治療薬開発の糸口にしたい」と話した。

読売新聞(ヨミドクター)2016.03.31

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】