白鳳、駄目押しなら出場停止も

日本相撲協会の二所ノ関審判部長(元大関若嶋津)、藤島副部長(元大関武双山)、友綱副部長(元関脇魁輝)が26日東京・両国国技館相撲教習所で行われた力士会で、横綱白鵬の危険な駄目押しをはじめとする所作、立ち合いの乱れを正すよう要望するとともに、起きた場合は厳しく罰する方針を伝えた白鵬が夏場所(5月8日初日・両国国技館)で駄目押しをすれば、最悪1場所出場停止もあり得る。また、琴勇輝が立ち合い前に発する「ホウ!」の叫び声にも注意を促した

【写真】えっ!寄り切った嘉風を土俵下に…これがダメ押しの場面

普段は和気あいあいの力士会にピンと張り詰めた空気が充満した土俵の充実を最優先事項に掲げる八角理事長(元横綱北勝海)の意を受けた審判部首脳が、土俵上の所作、立ち合いの乱れを正すよう強く訴えかけた

この日は実名を挙げることは避けたが、先場所、白鵬が審判部の井筒親方(元関脇逆鉾)に大けがを負わせた駄目押しをはじめ、立ち合いの不十分な手つき、駆け引きのような待った、まげつかみなどが正常化の対象例として挙げられた。また、新関脇琴勇輝が立ち合い前に発する「ホウ!」の叫び声に対しても「おかしい」との指摘がなされた

説明役を務めた友綱副部長は「審判部が力士会に出るのは6年前が最後。初日前の土俵祭りにより清められた土俵は神聖な場所で、やっていいことと悪いことがある白鵬の駄目押しは本人のためにもならないし、琴勇輝のはおかしなことだから白鵬は神妙に聞いていたし、琴勇輝も『はい』と返事をしていた」と話した

それでも乱れが見受けられた場合は、厳しい姿勢で臨むことも伝えた。友綱親方は「これでもまたやるならば力士にあるまじき行為。かなり厳しくしないといけない」とし、仮に白鵬が夏場所も駄目押しを繰り返し、その内容が悪質だった場合は「先場所厳重注意を受けている。次は1場所出場停止もある」と言い切った

力士会終了後、白鵬は審判部に関する質問には口を閉ざし、迎えの車に乗り込んだ。大横綱が審判部の声をどう聞いたのか。答えは夏場所の土俵で分かる

デイリースポーツ2016.04.27

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】