白髪人口→約5000万人

日本の白髪人口は、40歳以上で約5000万人。白髪の発生は一般男性では30歳前後女性では35歳前後より始まり、白髪が頭髪全体の50%になるのは55歳前後といわれております。個人差はありますが、白髪が発生しているからといって、身体までも老化しているわけではありません
白髪の原因として最も新しい説は「色素幹細胞は自己を複製しながら、色素を作る細胞(メラノサイト)も生みだしているが、DNAの損傷を修復できないと自己複製機能が失われ、幹細胞がすべて分化してしまい枯渇したから」と考えられています。
毛髪わはじめ皮膚や内臓器官まで身体のいたるところにメラニン色素はありますが、毛髪、皮膚、瞳孔など皮膚表面に含まれる色素は、私たちの身体を紫外線の害から護るためにつくられています。赤道直下に住む人種は、紫外線の害が強い環境に暮らしているため髪は縮れ、黒色であり、北欧などの太陽光線の弱いところに住む人種はメラニン色素が少なく、髪は直毛やウエーブ毛で、明るい金髪になっています。
白髪になるメカニズムはわかっていても、なぜ白髪になるのかはっきりわかっていません
白髪を防ぐビタミン類としては、主としてパントテン酸カルシウム、パントテン酸ナトリウム、パラアミノ安息香酸が良いといわれております。これはレバー、無精製の穀類、小麦胚芽、ビール酵母、ふすまなどに多くふくまれております。
このパラアミノ安息香酸と葉酸(濃緑色野菜・人参・レバー・卵黄・杏・かぼちゃアボガドなど)を組み合わせて摂ることで白髪にかかった髪を元の色に戻せた人もおられるとのことです。

参考

20歳若く見える頭髪アンチエイジング

著者 板羽忠徳

発刊 株式会社 講談社

【関連する記事】