発酵食品で免疫力UP!

 医師で作家の鎌田實さん(67)が、日常生活のちょっとした工夫で健康になり、10歳若返るヒントを教えてくれます

◇ ◇

免疫力は年齢とともに低下する。たとえば、帯状疱疹(ほうしん)というウイルス性の病気がある。ふつうは2度かからない。しかし、免疫がぼけてしまうと、同じヘルペスというウイルスが発症してしまうことがある

でも、年を取っていいこともある。加齢とともに免疫がぼけてくると、アレルギー反応は弱くなり、アレルギー鼻炎の症状などが軽快することもあるのだ

免疫力を上げるには、腸の健康を保つことが大事になる。2兆個の免疫細胞のうち6割が腸にあるといわれている。腸にいいものを食べるといい

その1つは食物繊維キノコ、海藻、コンニャク、野菜などに豊富に含まれる

もう1つは発酵食品納豆やチーズ、ヨーグルト、キムチ、みそ、こうじなどだ。

長野県にはスンキという乳酸菌で漬けこんだ有名な漬物がある。関西のほうではアユ寿司(ずし)、北陸ではかぶら寿司などの発酵文化がある。各地の発酵文化はとても奥深い

オックスフォード大学は2015年11月、面白い研究を発表した。同じ種類の善玉菌をとり続けるよりも、種類が違ったほうが善玉菌が活性化し、免疫力が上がるというのだ

先週、「水戸の納豆」を食べたら、今週は「北海道の本別の納豆」というように変えてみるといいヨーグルトも同じメーカーのものだけでなく、ローカルな○○牧場のものなどを取り寄せてみてもいいのではないか

産地やメーカーを変えると、菌の種類も変わる多様な種類の善玉菌がおなかのなかで競争していることが、免疫力を高めるということだ

◆鎌田實(かまた・みのる)1948年(昭23)6月28日、東京生まれ。東京医科歯科大医学部卒業後、長野県茅野市にある諏訪中央病院の医師になる(現在は名誉院長)。チェルノブイリ原発事故の患者支援、イラク難民支援を続け、東日本大震災後の被災地支援にも力を入れている。著書「がんばらない」など多数。

日刊スポーツ2016.05.22

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】