疲れた時は→緑黄野菜や豚肉など

疲れは、疲労物質である「乳酸」がカラダにたまることで起きるもの。疲れの解消にはビタミンB1の摂取がマストなのですが、その一方で、スナック菓子やインスタント食品、清涼飲料水などを摂っていると、せっかくの栄養バランスがガタガタに…。というのはジャンクフードの大半は糖質中心で、その消化にビタミンB1を大量消費してしまうのです。

つまり、スナック菓子を食べるほどビタミンB1が体内で不足し、疲れがいつまでも抜けないということになってしまうのです…。

ビタミンB1がたっぷり含まれる食品には、緑黄色野菜、胚芽米や麦芽、豚肉、内臓(レバー、心臓、腎臓)、卵、ナッツ、豆類などがあります

豚肉はなんと100g程度で1日の所要量をクリアするほどビタミン豊富! 疲れがたまっている時こそつとめて摂って

ビタミンB1がしっかり摂れるようになると、疲れが解消しやすいだけでなく、血行、肩こり、肌のキメ、睡眠、精神安定、免疫力強化などにも良い作用が♪加えて食事の時間が楽しいとメンタル面でも疲労回復効果がUP!忙しい時こそ1日3食を大切に考えて

参考 健康ダイエット 2014.08.08

【関連する記事】