男性脱毛症→約1342万人

男性型脱毛症は約1342万人(2007年調査)。額の両サイドから薄くハゲてくるM型脱毛(正式にはH型)や、頭頂部から薄くなるザビエル型(正式にはC型)などの男性型脱毛症には主に遺伝と男性ホルモンが関与しています。

多くの場合20代から脱毛が始まり、30~40代で前頭部が著しく薄くなってくるタイプです。

はじまりの時期により、青年性、若年性、壮年性、老人性に分類することもあります。

女性型脱毛症は、日本人女性の1/10はなんらかの形で薄毛になやんでいるといわれており、全国で約600万人おられます。

おもな原因は、誘因として生活の乱れ、睡眠不足、ダィエット、食事の問題、ストレスなどですが、加齢でホルモン分泌のバランスが変わることも要因とされています。

ほかにも出産後、ピルの服用中止、シャンプー剤を変えた、染毛やパーマの後、ボニーテイルや髪を引っ張るスタイル、ナイロンブラシの静電気、無意識に髪の毛を引き抜く、タバコによる血行不良などもあります。

ただし、男性の脱毛のし方と違い、女性の場合は、額の生え際や頭頂部の髪がエリアを限って集中的ハゲルということはなく、全体的に間引かれるように薄くなり、細毛化する「びまん性脱毛」の症状を呈します。

そのため、非常にわかりにくく、抜け毛の数が増えたようだ、分け目が広くなったようだ、頭皮が透けて見えるように感じます

参考

20歳若く見える頭髪アンチ・エイジング

著者 板羽忠徳

発刊 株式会社 講談社

【関連する記事】