男性の発症率は女性の10倍→咽頭がん

喉頭がんとは文字通り喉頭部(舌骨より下で気管より上)にできる“がん”だ発生数はがん全体の0.6%ほどだが、これにより亡くなったミュージシャンや声を失った著名人の存在が印象に残っている人も多いだろう

【詳細画像または表】

女性より男性の発生率が高く、10倍に及ぶといわれる喫煙率との相関関係があり患者の90%以上が喫煙者で、飲酒習慣によりさらにリスクが高まるともいわれる胃食道逆流症などによる胃液の逆流で、喉頭部が慢性的に刺激を受けることもリスクのひとつだ。その他食生活の西洋化、ストレスなども良くないとされるが、これはほとんどの病気にいえることだ。予防法は「適度な運動」「健全な食生活」「ストレスの軽減」「禁酒禁煙」ということになるだろう

日本では外国より発症率が低いとされてきた喉頭がんだが、ここ十数年で患者が増えているという説もある。喫煙歴と発症時期との間にずれがあるだろうこと、女性の喫煙者が一時期増加傾向にあったことを考えてもいささか不思議だ。もちろん飲酒喫煙だけががんの発生要因であるわけではなく、また原因が推定できない場合も多く、「なるときはなる」としかいえない。一方で、中高年の人口が増えれば、がん患者が増加するのも確かだ

● 「最近調子が悪い…」で済ませない!  声がれが1ヵ月以上続いたら要注意

喉頭がんの嫌な点は、症状がわかりにくいこと。声帯にできた場合は声がれでわかり、早期発見ができるといわれるが、「声がかれる」という理由で病院へ向かうビジネスパーソンは多くないと思われる。声帯以外に腫瘍ができた場合には、飲食物が飲み込みにくいなどの症状が表れるが、これも「最近なんだか調子が悪い」で済ませてしまいそうだ。いちおう目安としては声がれが1ヵ月以上続く場合には専門医の診察を受けたほうがいいとされているのだが……。

 治療の流れは他のがんと同様で「疑い」「受診」「検査・診断」「治療法の選択」「治療」「経過観察」となる。検査は喉頭鏡による視診と、鼻から入れる喉頭ファイバースコープによるものが一般的である。もちろん他のがんと同様に生検、超音波検査、CT検査、MRI検査なども行われる。

治療も他のがんと同様に進行状況や患者の希望によって決められる。喉頭がんについては声を出す機能を極力残すことが求められるため、たとえば声帯の早期のがんについては通常は放射線による治療が選ばれる。がんが進行すれば手術が選ばれ、進行程度により切除箇所が大きくなるのも他のがんと同じだ。

上記の治療の流れのうち、「疑い」から「受診」までが心理的ハードルが高いところである。ただでさえ病院は憂鬱なのに、休みをとらなければならないのだから当然だが、受診しなければ何も始まらないし不安も解消できない。該当する症状があるのなら、やはり万難を排して受診すべきだろう。

そもそも何科へ行けばいいのか、近所の耳鼻咽喉科でいいのか?  という疑問もあるだろうが、答えは「イエス」。近所の病院でのファイバースコープによる検診でわかる。ほとんどの病気にいえることだが「大きな病院」「著名な専門医」へかからなければ……という思い込みが受診・早期治療の妨げになっている場合も多い。まずは近所の病院へ行き、問題がないと診断されても不安が残るなら、次を考えたほうがいいだろう。  (工藤 渉)

参考 ダイヤモンドオンライン  2016.01.16

  EBTTjDcq4T2smF71445577871_14455789191 (1)

【関連する記事】