産経前支局長に懲役1年6ケ月求刑

韓国の朴槿恵大統領らへの名誉毀損(きそん)で在宅起訴された産経新聞の加藤達也前ソウル支局長(49)の公判が19日午後、ソウル中央地裁で開かれ、検察は懲役1年6月を求刑した

弁護側は無罪を主張した判決は11月26日に言い渡される。

検察側は「大統領の男女関係に関する虚偽事実を、虚偽と知りながら報道した。誹謗(ひぼう)の目的が十分にあり、名誉を毀損した」と主張動機面については、駐日大使人事に関する産経新聞の記事に関して大統領府から「解禁指定違反」と見なされ、取材資格を取り消されたことに対する「報復」という認識を示した

さらに「何ら謝罪せず、否認を続けている。反省の気配も見いだすことはできない」と非難した
加藤前支局長は被告人質問で、「誹謗する目的で書いた記事ではない」「男女関係を取り上げる意図は全くなかった」と強調。「うわさの真偽は不明と記事に書いている」と説明した
また、最終陳述で「朴大統領の名誉を毀損しようという意図は全く存在しない」と重ねて訴えた
加藤前支局長は2014年8月に産経新聞のウェブサイトに掲載されたコラムで、同年4月16日の客船「セウォル号」沈没事故当日、朴大統領の動静が7時間不明だったことを取り上げた。この中で、韓国紙の報道や証券筋の話を引用し、男性に会っていたのではないかといううわさを伝えた
複数の市民団体の告発を受け検察は同年10月、情報通信網法に基づく名誉毀損罪で在宅起訴した

参考 時事ドットコム 20154.10.19

【関連する記事】