琴奨菊、初V→瞬間最高視聴率29.2%

24日に放送されたNHK総合「大相撲初場所・千秋楽」が平均24・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と高視聴率をマークしたことが25日、分かった。大関・琴奨菊(31=佐渡ケ嶽部屋)が初優勝。昨年の大相撲千秋楽は6場所とも20%超えがなかっただけに、日本出身力士の10年ぶりVに注目が集まった

 24・0%は午後5時から60分間の視聴率瞬間最高視聴率は午後5時27分の29・2%横綱・白鵬が敗れ、琴奨菊が引き揚げる通路で、祝福される場面だった

 単独トップで千秋楽に臨んだ琴奨菊は、大関・豪栄道を突き落としで破り、14勝1敗とし、大関26場所目で初優勝和製力士の優勝は2006年初場所の栃東以来相次ぐケガで5度のカド番を経験した日本人大関は、祐未夫人(29)の支えもあって窮地を乗り越え栄冠をつかみ、場所後の披露宴に花を添えた。春場所(3月13日初日、エディオンアリーナ大阪)で綱獲りに挑戦する。

【2015年の大相撲千秋楽の平均視聴率】

初場所=14・7%(1月25日)

春場所=17・8%(3月22日)

夏場所=19・2%(5月24日)

名場所=14・5%(7月26日)

秋場所=16・3%(9月27日)

九場所=16・4%(11月22日)

 参考  スポニチアネックス  2016.01.25
    EBTTjDcq4T2smF71445577871_14455789191 (1)

【関連する記事】