王氏超えたイチローに地元ファンも敬意

世界の本塁打王の得点記録に敬意を表すイチロー「自分の記録よりもずっと偉大」

 マーリンズのイチロー外野手が25日(日本時間26日)、本拠地でのナショナルズ戦に「7番・レフト」で先発出場し、日米通算1968得点目をマークした並んでいた王貞治氏を抜き、日本人最多得点記録を更新。この偉業達成を地元紙もたたえているイチローは4打数2安打1得点で打率2割8分6厘とし、マーリンズは8-0で快勝して今季初の4連勝を飾った

イチローは5-0の8回2死から、この日2本目のヒットとなるライト前ヒットで出塁。続くエチャバリアの2号3ランで生還し、記録を更新した

地元紙「サン・センチネル」では、イチローが日本でも658得点を記録しており、日米通算1968得点に到達したことを紹介。王氏を上回ったことに触れている

「僕は得点を比較するのはフェアではないと思っています。なぜなら、あの方は868得点を自分のホームランで記録しているわけですから、あの方の記録は自分の記録よりもずっと偉大なわけです

ファンの大歓声とそれに応えるイチロー「素晴らしい瞬間となった」

 イチローは地元メディアの取材に対し、通訳を介してこう応え、王氏に敬意を表したという。

直後の9回の守備につく際には、球団側の粋な演出もあった。

「9回表、マーリンズはイチローの記録を電光掲示板で発表すると、イチローに脱帽を促すほど十分な歓声が巻き起こった

記事ではその時の状況をこのように描写。観客のスタンディングオベーションに対して、イチローは帽子を取って応えた様子を伝えている

MLB公式サイトのジョー・フリサロ記者は、イチローの記録更新をすぐにツイッターで紹介。9回のスタンディングオベーションについては「イチローの記録が(観客に)知らされ、素晴らしい瞬間となった。彼は観衆に対して帽子を取って応えた。スコアボードにビデオが流された」と伝えた。

主砲スタントンも帽子を取ってイチローの記録更新を称える

 さらに、地元紙「マイアミ・ヘラルド」のマニー・ナバーロ記者も「イチローが記録を破ってから(守備のために)フィールドに戻ると、観客から温かい歓迎を受けた。スタントンは彼に向かって帽子を脱いだ」とツイッターで報告。北米プロスポーツ史上最高の年俸総額で球団と契約を結ぶ主砲も、イチローに敬意を表していたという

王氏とイチローは、2006年の第1回WBCで指揮官とチームリーダーとして日本を優勝に導いた。2人は強い信頼関係で結ばれており、イチローは王氏に敬意を抱いている

「その時(2006年)以来、オフシーズンに毎年一回はたくさんお話しをする機会があります」

イチローは現地メディアの取材に対して、王氏との関係をこのように表現したという。数々の偉業を達成してきた安打製造機にとっても、得点記録の更新は特別な瞬間となった。

参考 フルカウント編集部●文 text by Full-Count 2015.04.26

【関連する記事】