玄関に求める香り→1位は清潔感

(株)プラネット(東京都港区)は、このたび、室内用の芳香剤・消臭剤に関する意識調査を実施し、その結果を発表した
室内用の芳香剤・消臭剤の使用者は約4割ペットのいる人は5割超
室内用の芳香剤や消臭剤を使っていますか?では、「使っている」は41.4%。同居相手別に見ると、「犬」や「猫」「ハムスター・フェレット・うさぎ」など、なんらかのペットを飼っている人は、いずれも使用率が5割を超えている特に「犬」を買っている人の使用率は高く、57.0%。ペットのいる人はいない人より、においを気にして芳香剤を置いているようだ

■「玄関」はセンサータイプ、「居間」「寝室」ではアロマ系
芳香剤・消臭剤をどこに使用していますか?では、「玄関」が最も多く62.3%。「居間・リビング」55.8%、「寝室」38.8%と続く。それぞれの場所でどのようなタイプが使われているかを見ると、どの場所も「一般的な置き型」タイプが圧倒的。また、「玄関」など、常に人がいるわけではない場所では、人を感知する「センサー」タイプが居間や寝室に比べて高く、15.9%。一方で、「居間・リビング」や「寝室」などでは、「アロマ系」が比較的高かった。

■ニオイが気になって置き始めは、人の訪れる「玄関」がトップ
芳香剤・消臭剤の使用者が置くことになったきっかけ、場所について聞いたところ、最初に置いた場所で最も多かったのは「玄関」で36.0%。次いで、「居間・リビング」29.4%、「寝室」9.9%の順だった。また、置くことになったきっかけで多かったのは、ペットやタバコのにおい。生ゴミや脱いだ靴のにおいを消すためという回答も目立った。

■使用場所が違えば、求める「香り」のイメージも変わる
どのようなイメージの部屋を求めて、芳香剤・消臭剤を選んでいるのかを聞いたところ、人がよく訪れる「玄関」では、「清潔感がある」が33.8%でトップ。2位「爽やか」26.3%、3位「落ち着いた」11.4%の順だった。一方で、くつろぎ空間でありつつ、人を招くこともある「居間・リビング」では、「リラックスする」27.2%、「清潔感がある」22.8%、「爽やか」18.4%という順。プライベート空間である「寝室」では、「リラックスする」が39.9%で最も高く、2位の「清潔感がある」17.3%、3位の「落ち着いた」15.7%を大きく上回った。

ニュース情報元:(株)プラネット

SUUMOジャーナル2016.03.28

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】