爆買いの裏に深刻な中国病院事情

中国からの日本旅行者がピークになる夏休みは終わりましたが、最近は日本旅行も通年化していますしさらにこれから9月末の中秋節、10月頭の国慶節と連休が続くため中国人の日本旅行熱が衰えることはなさそうです

9月の初めに中国で行われた抗日戦争勝利70周年記念軍事パレードの様子は日本でも大々的に報道されましたが、筆者の周辺はいたって平静です何人かの友人はこの連休を利用して日本へ旅行に行っていますこのように政治的な問題はどうあれ、中国人の日本旅行はさらなる盛り上がりをみせています

今回は、化粧品と同様、中国人観光客に大人気の「医薬品」について、その背景と医薬品の発信すべき情報を紹介したいと思います

■ 病は自力で治す中国人

中国の人たちは「病気になったらどうするか」ではなく、「病気にならないように体を常に健康を保つこと」にとても注意を払います早朝に広場へ行けば太極拳をやっているお年寄りを見かけますし、夕方になれば散歩やダンス、体操をしている人たちで広場や道が溢れかえります

それでも病気になってしまったときはなるべく病院へ行かず、薬も飲まず、自力で治そうとします

では、薬も飲まないでどうやって風邪を治すのか。鍼(はり)や、日本では「かっさ」と呼ばれる刮痧(くあしゃー:gua sha)をするのです。鍼は日本でもおなじみの、細い鍼灸用のはりをツボに刺す治療法です。

「かっさ」を自宅で行う場合は、中華料理で使うレンゲをサラダ油に浸し、そのレンゲで背中をゴシゴシこすります。背中が真っ赤になるまでこすり、体の内部の熱を外に逃がすことで熱を下げるという治療法です慣れている人は油を使わずに直接こすります。筆者も以前、風邪をひいた際に家内のお義父さんにやってもらったのですが、あまりの痛さに泣いてしまった覚えがあります

それでも治らず、薬を飲まないといけない場合は、できる限り漢方薬を使います。漢方薬は中国語で中薬(ちょんやお:Zhong yao)と言います。これに対し、薬局や病院で手に入る普通の薬は西薬(しーやお:Xiyao)と言います。東洋の漢方薬に対する西洋の薬という意味です。

多くの中国人は漢方薬は効き目が緩やかで副作用が少なく、西薬は即効性があるものの副作用が大きいと考えています。そのため、どうしても薬を飲まなければならない場合には、まず中薬を、それでもダメなら西薬を使うのです

自力で解決する最終手段となる西薬ですが、中国の薬局では、簡単に入手することができません。もちろん以前に比べ市場の開放が進み、外資系企業の医薬品も浸透しつつありますが、まだまだ薬局に並ぶのは中国系企業の医薬品が主流です

ただ、残念なことに中国の人たちは自国の会社の医薬品をあまり信用していません。医薬品に限らず、近年様々な「品質問題」が頻発していることを考えれば無理もない話です。

■ 「並び屋」も登場、中国の病院は大混雑

もっと早く「病院へ行けばいいじゃないか」と思うかもしれませんが、中国の病院は常時パンク状態です

以前、義理の父を病院に連れて行ったときは、朝5時半に並んで、ようやく診てもらえたのは午後1時半でした長蛇の列には「並び屋さん」がいて、お金を払えば代わりに並んでくれるのですが、それでも相当苦労しました。こんな状態ですから、中国では、風邪をひいた程度では誰も病院に行こうと思わないのです

つまり、「病院に行かずに治したい、鍼やかっさも効かない、漢方薬でも治らない、西洋薬は欲しいが、外資系ブランドの薬は少なく、中国企業の製品は心配」といった状況が生まれているのです

では、どうしたら良いのか。中国の人たちのこの深刻な悩みを解決するのが日本の医薬品です日本の医薬品が中国人に人気なのにはいくつかの理由があります

1.日本の医薬品は安全、効き目もあり副作用も少ないというイメージ

2.薬は使用スパンが長く、日本に旅行に行く頻度で買うのにちょうどいい(すぐにはなくならず、なくなっても旅行を控えた知人に頼めばよい

3.中国にはないユニークな製品がたくさんある(口内炎パッチ、花粉症用目薬、飲みやすい錠剤等

4.家電製品などに比べ、サイズが小さいので持ち帰りやすい(友人に頼む場合にも、頼みやすい)

■ 日本の薬は日本で買うのが一番

化粧品も訪日中国人のお土産として人気ですが、中国にいても、ECサイトやソーシャルバイヤーを通じて気軽に買うことができます。しかし、医薬品はそういう訳にはいきません。たとえネット上で医薬品が売られていたとしても、やはり薬には慎重になり、なかなか買う決心がつきません

 結果として「日本の医薬品は日本で買うのが一番安心」となるのです。中国の人にとっては、すぐ隣の国で、高品質で安全な薬を簡単に買うことができると映っています。これが、医薬品の爆買いを生み出す最大の要因となっているのです

中国にいながらにしてネットで購入できる化粧品は、ネットの情報や評判が判断基準となるだけでなく「試しに買う」という選択肢もあります。しかし、日本で買うことが前提となっている医薬品は、化粧品以上に、情報や評判だけを頼りに購入を検討しなければならないのです

つまり、日本企業にとっては、医薬品は「日本でどれだけ買ってもらえるか」で勝負が決まります。その特性上、化粧品以上に発信する情報が重要になってくるのです

こうした中国人の健康や病気に対する考え方を踏まえた上で、医薬品の情報発信において重要なことを整理すると以下のようになります。

1.商品の概要

2.使用方法

3.実績

4.商品を取り扱っているお店の場所

基本的な項目は化粧品と同じですが、特に1の商品概要、2の使用方法は、化粧品以上に詳細に説明する必要があります。まず薬の効能を分かりやすく説明することが重要です

先ほど日本の医薬品が人気の理由の1つに、中国にないジャンル、カテゴリーの薬に対する興味があると述べましたが、中国にないジャンルだからこそ、それが何に効く薬であるかをしっかり説明して、納得してもらわないと購入に繋がらないのです。

2の使用方法も同様です。1日何回、食前・食後・食感、1回何錠と、どのように使用するのか可能な限り詳しく伝えることが理想です。薬を正しく服用してもらうために「購入者本人が使う場合」だけでなく「お土産として配られること」を想定すると良いでしょう。誰でも簡単に説明ができるように、詳細な使用方法を発信することは、販売対策、安全対策、消費者保護対策という点からみても必要です

3の実績は化粧品と比べ、表現や発信する情報の内容等で難しい部分も多いと思います。ルールを逸脱しない範囲で「日本で胃痛といえば(自社の商品名)」というような紹介をすれば良いと思います

そして4の取り扱い店舗についても、なるべく詳しく発信すると効果的です。化粧品の場合は、仮に日本で購入できなかったとしてもECサイトやソーシャルバイヤー等の手段がありますが、日本で買うことが前提の医薬品の場合、日本へ行く友人に頼むことも頻繁にあります。取り扱い店舗の情報をきちんと伝わらないと、頼まれた人も日本で目当ての医薬品を見つけられないかもしれません。

同じ爆買い人気商品といっても、医薬品と化粧品ではその背景にある事情が異なります試用が難しい医薬品は、より高い評判や、詳細な情報発信が一層、重要な鍵となります

つまり、こうした評判や情報が、中国の人たちの耳や目にきちんと入れば、それで自社商品がヒットする可能性もあるのです。逆に、日本では売れている医薬品であっても、中国人の心をつかめない可能性もあるのです。そうした意味で医薬品は適切な情報発信がインバウンドの売り上げを左右しやすいコンテンツではないかと思います。
参考 JB press 2015.009.15

 

【関連する記事】