爆買いする中国人も宿泊代はケチ?

中国メディアの新浪が訪日中国人旅行客は、買い物には惜しみなくお金をつぎ込むものの、宿泊代は多くないと指摘する記事を掲載した。

日本が9日に発表した観光白書2015によると、訪日旅行客は前年比で約3割増加し、消費額も過去最高を記録した。中国人旅行客の1人当たりの消費額は12万7000円で1位となったが、宿泊代ではオーストラリアが1人当たり約9万3000円で1位となり、中国は半分にも満たない約4万4000円だった

このニュースが中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で伝えられると、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

物を買えば帰国してから自慢できるけど、帰国後に高級ホテルの写真を胸につけて自慢する人などはいないからな
大変な思いをして日本に行ったのに、物を買わずにホテルや食べ物にお金を使ったらもったいないじゃないか

「中国人が海外へ行くのは買い物のためで旅行じゃないから
「日本に行くのは質の良いものを買うためで、宿泊費を削るのは当然
日本行く人は親戚や友人のために買い物をするのだからごく正常まあ他の国ではない光景だけどね

オーストラリア人の方がお金持ちだからだと思う日本で買い物をするのは中国国内が高いからで、オーストラリアは国内で十分安く買えるし」
中国人のほとんどが団体旅行で行くから、ホテルを選択する余地がない。文句があるなら中国に対してビザを免除しろ」

参考Record China 2015.06.11

 

【関連する記事】