燃料電池車を2030年→80万台へ

政府が「水素・燃料電池戦略ロードマップ」を改訂した。

新たに燃料電池車の導入目標を設定して2030年に80万台の普及を目指す

ダウンロード (12)

合わせて水素ステーションを2025年度までに320カ所へ拡大する方針だ

再生可能エネルギーから水素を製造する技術についても2016年度内に具体策の検討に入る。

[石田雅也スマートジャパン]  2016.04.07

images-3-48-150x150images

【関連する記事】