熊本地震で補正編成→住宅確保・生活再建

安倍晋三首相は24日、麻生太郎財務相と自民党の谷垣禎一幹事長を首相官邸に呼び、熊本地震の災害復旧対策に限定した2016年度補正予算案の編成を指示した

 首相はその後の非常災害対策本部で、「(6月1日までの)今国会での成立を期すべく、速やかに提出できるよう、調整を開始してもらいたい政府の総力を結集し、復旧・復興に取り組みたい」と強調した

補正予算案には住宅の確保、生活再建支援金の支給など、被災者支援に要する経費を計上。また、企業の事業再建や道路などのインフラ復旧、がれき処理などを迅速に進めるため、熊本地震の復旧・復興を目的とした予備費を新たに盛り込む

これに関し、麻生氏は記者団に対し、「規模・財源については、余震がまだ続いている段階で、確定していない」と述べた

政府は大型連休明けの5月上旬にも閣議決定し、速やかに国会へ提出同26日から始まる主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)前の成立を目指すそれまでの間は、16年度予算の3500億円の予備費で対応する

時事通信2016.04.24

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】