熊本地震→韓国で揺れた

熊本地震については、九州から近い韓国でも関心が高い。16日付の韓国紙、京郷新聞は「400年の歴史をもつ熊本城も崩れた」との見出しとともに、石垣などの一部が崩壊した熊本城の写真を掲載した韓国では文禄・慶長の役で朝鮮に出兵した加藤清正が築いた城としても知られている

韓国メディアによると14日夜から16日午前までに、釜山(プサン)や蔚山(ウルサン)など南部地域を中心に「揺れを感じた」との通報が約3900件寄せられた海を隔てた九州で大地震が発生したことへの不安は広がっており、ネット上で「もはや韓国も地震安全地域ではない」「対策を講じなければ」との声が上がっている

聯合ニュースによると、韓国でも1980年代以降、揺れを感じる地震が増加傾向にある一方で、耐震性を備えた建築物は全体の約40%にとどまりソウルの場合、その比率はさらに下がるという

産経新聞2016.04.17

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】