熊本地震→国交省の復興支援チーム

 国土交通省九州地方整備局は30日、熊本地震の復興に向け、被災自治体に助言や情報提供をする「熊本復興まちづくり・住まいづくり支援チーム」を設置した

被災地の自治体は、復興計画の策定に向け、取り組んでいる。支援チームは復興で活用できる国の制度や、過去の大規模災害の取り組みを説明し、計画の早期策定を後押しする

支援チームは九州地方整備局建政部長をリーダーとする職員12人で構成しまちや住まいづくりのほか、熊本城の復旧に関する助言も行うという

産経新聞2016.05.31

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】