無線充電式の中型電気バス実証走行へ

 東芝は2016年5月31日、同年6月1日からワイヤレス給電で充電を行う電気バス(以下、EVバス)の実証走行を開始すると発表した。実施期間は、2016年12月までを予定。

【ワイヤレス充電装置の画像や充電の動画へ】

実証走行は東芝の独自リチウムイオン二次電池「SCiB」を搭載した定員45人の中型EVバスを使用する

電池搭載量は52.9kWで航続距離は約89km(高速走行/空調未使用時)最高速度は94km/時ケーブルを使用せずに地上の電源装置から車内に搭載された二次電池に電気を送ることができるワイヤレス充電システムを搭載磁界共鳴方式と東芝独自の充電パッドを用いることで、送電(地上側)パッドと、受電(バス側)パッドが左右20cm、前後10cmまでズレていても充電できるようにした送電パッドと受電パッドの距離は10~11cmだとする

実証走行ルートは、川崎市殿町と羽田空港内の全日本空輸(ANA)の拠点間約11kmで1日3往復し、ANAグループ従業員を輸送するワイヤレス充電システムによる充電時間は、「15分程度で実証走行ルートの片道分が充電できる」としている

実証走行に用いるワイヤレス充電技術は東芝と早稲田大学理工学術院紙屋雄史教授研究室が共同開発したもので、2016年2月から小型のEVバスによる実証走行を実施している

EE Times Japan2016.05.31

 images-3-48-150x150images

【関連する記事】