激しい雨に見舞われた北京市

中国新聞網は17日、北京市が同日午前に雷を伴う激しい雨に見舞われ、気象台が豪雨の警報を発表したと報じた

17日朝、北京で降っていた雨は徐々に勢いを増していった。同市の気象台は、現地時間午前8時までに昌平区、房山区、門頭溝区、海淀区北部、石景山区西部で50ミリ以上の非常に激しい雨が降るとする豪雨警報を発表。続いて、雷に関する警報も発表した。

警報が出された房山区では道路が冠水、乗用車が半分程度水に浸かるなどの被害が出た

参考 FOCUS ASIA.COM  2015.07.17

 

【関連する記事】