混乱するブラジル→五輪開催まで100日

リオデジャネイロ五輪の開催を約3か月後に控えたブラジルだが、ジルマ・ルセフ(Dilma Rousseff)大統領を弾劾する動きが進むなど政治や経済の問題が国際的な注目を集めている

地下鉄の拡張工事はいまだ進行中であり、セーリング競技などの会場となるグアナバラ湾(Guanabara Bay)の下水設備と漂積物の清掃も完了していないさらに、胎児の先天異常を引き起こすジカウイルスの流行により、渡航勧告が出され、選手が不参加を表明するなどしている。1月27日から4月21日にかけて撮影。(c)AFPBB News

AFPBB News2016.04.24

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】