深海にもレアメタル鉱床

海洋研究開発機構と高知大は9日、東京・南鳥島付近の水深5500メートルを超える海底にレアメタルやレアアースを含む「コバルトリッチクラスト」が広がっているのを確認したと発表した

ダウンロード (1) ダウンロード (13)
3000メートルより深い海底でコバルトリッチクラストの分布が確認されたのは初めてで、推定資源量も大幅に増えると期待されるという

   参考時事通信  2016.02.09
 EBTTjDcq4T2smF71445577871_14455789191 (1)

【関連する記事】