深く胸を打たれた日本の哲学

日本を発つ前日、日本側は我々にアンケート用紙を配った。1つ目の質問には、「1週間の視察旅行を経て、あなたが見た日本と以前理解していた日本とで、何か変わったところはありましたか?」と書かれていた。それに対して私はこう答えた。「日本人は想像していたよりもっと真面目で、もっと文明的だった」。(文:葛怡然[ガー・イーラン]、新華網掲載)

■ひっそりとして寂しい日本の街並み

東京に到着した日は日曜日だった。到着口から出ると、「中日メディア交流団」と書かれた横断幕を持った人が見えた。夜の宴会までまだ数時間あるので、主催者側は我々を皇居の二重橋に案内した。東京の人口密度の高さは世界的にも有名だ。訪日する前、中国社会科学院日本研究所の高洪(ガオ・ホン)副所長は我々のために講演を行った。高氏は、「東京の建造物は地上にも、地下にも数層にわたる大きな空間が広がっている。もし東京の全人口が路上に出たら、立つ場所がなくなるほどだ」と語った。このため、私の頭の中には、東京の街並みは上海のように賑やかで活気があるイメージが出来上がった。しかし、我々を乗せたバスから見た皇居の道には人影が見えなかった皇居は東京の中心地だというのにだ

通訳の久美さんは、「週末で、みんな家にいるのかもしれない」と説明した。東京は国際的な大都市で、地価も非常に高いので、一般的には若者層だけが都内の狭いアパートに住み、ほとんどの人は結婚後、周辺のベッドタウンに移り、そこで車庫付の家を購入できペットを飼うことができる

まさか日本人は街を出歩かないのだろうか?東京、仙台、大阪…このような都市のどんなに大きなデパートでも、夜8時には閉店する夜10時まで開いているのは、ドラッグストアぐらいのものだ。逆に、郊外の大型ショッピングセンターの閉店時間は若干遅い。このため、日本人のほとんどは、居酒屋やカフェ、レストランなどでナイトライフを楽しむ

日本を訪れて2日目、朝日新聞社を見学しに行く時、ちょうど通勤時間とぶつかった。運転手は、謝りながら、「渋滞するかもしれません」と言ったしかし、この程度の渋滞なら、中国の通勤ラッシュ時とは比べられない。日本の土地資源は限られており、東京でさえ広い道路はほとんど見られなかった。道路の多くが4車線だった。しかし、日本各地を回ったが、車のクラクションを聞くことは1度もなく、交通を取り締まる警察官もいなかった。後者はいくら考えても不思議に思う

東京の街で最も寂しいと感じたのは色だった建築物も、人が身に着けている服や物も、基本的に寒色系の色だった。以前に読んでいた日本のファッション雑誌から、日本の街には草間彌生のような派手で変わったおばさんが溢れていると思い込んでいた。何着か派手な色の服を持って来たが、東京に足を踏み入れた瞬間に失敗したと感じた渋谷の街には、人は多かったが、ほとんどの人が髪型や帽子、タイツなどには個性が感じられたが、最も多く見られた色は、やはり黒や白、グレー、ベージュなど地味な色ばかりダイヤやスパンコールが付いた靴を履いている日本人は1人もいなかった。今も中国のオンラインショップ・淘宝網で大量に売られている日本の正規輸入品の傘が本物かどうかを疑っている。なぜなら、日本の街では、男性はビジネス仕様の黒い傘、女性は透明のビニール傘をさしており、時にグレーや、ベージュの傘をさしている人を見かけても、花柄や柄が入った傘をさしている人はいなかったからだ。我々が大阪城の日差しの中で、皆同じ派手な傘を持って歩いているあの感覚は…言わなくてもわかるはずだ。

■「事足りればいい」の哲学

北京から東京に向かう飛行機の中で、日本航空は1枚の紙ナプキンを配った。これが我々にとっての初めの授業となった。

このナプキンはお茶の葉を回収して作った紙ナプキンで、淡い緑色をしていて、ほのかな緑茶の香りが漂っていた。私と相席の人は共に感嘆した。相席の人は冷静な様子で、「この紙ナプキンを作るには、通常のバージンパルプを作るよりも、コストは絶対により高くつくはず」と語った日本の公共の場で置かれていたトイレットペーパーはすべてシングルで、包装紙の上には、「これは再生紙です」と書かれていた。私はといえば、国内でスーパーに行くと必ずまっすぐにバージンパルプのティッシュ売り場に向かっていた。

数日間で、見学したいずれの政府機関や新聞社でも胸章が渡された。非常に薄い紙に資料がプリントされ、透明のプラスチック製のケースに入れてあった。見学し終わると、胸章は必ず回収されるこのプラスチック製のケースは、こうして何度も繰り返し使用される

日本に着いたばかりの数日間は、毎日食べ足りなかった高級中国レストランで開催された宴会に参加したが、味はさて置き、目の前の皿の料理がすっかりなくなっても、従業員は2つ目の皿をなかなか持ってこない。日本式の火鍋に行くと、6人掛けのテーブルの上に載っているのは、一皿の肉と野菜だけで、残りはうどんのしゃぶしゃぶだった。

日本ではゴミ箱を捨てるのも、一つの芸術的な行為となる日本の街には基本的にゴミ箱は置いていないミネラルウォーターのペットボトルを捨てるにも、指定の回収箱に入れなければならない。しかも蓋は別のゴミに分け、ボトルの包装紙もまた別に捨てる日本で数日間滞在すると、我々もゴミをホテルに持ち返り、従業員に我々が捨てたゴミを再度分類して処理をしてもらうことに慣れてしまった

ここまで書いた内容に、愚痴の意味はまったく込めていないその逆で、このような「事足りればいい」という生活スタイルに深く胸を打たれた資源が比較的乏しい国で、人類がいかに資源を大切にし、資源を最大限、再利用しようとしているのを見ることができた。実際、いずれの国にとっても、地球はひとつだけしかないものだ。もし、日本のように環境に優しく省エネであれば、環境はもっと良くなることだろう

参考 Record China 2015..4.26

 

【関連する記事】