淡路島で発見の銅鐸内部に「舌」4本

兵庫県南あわじ市(淡路島)で見つかった弥生前期末~中期初頭(紀元前3~同2世紀)の銅鐸(どうたく)7個のうち大小の銅鐸が「入れ子」状態になった内部に砂が詰まっている2組計4個をCTスキャンしたところ、音を鳴らすための青銅製とみられる「舌(ぜつ=振り子)」4本が入っていることがわかった。県教育委員会が26日発表した。舌が入った状態の銅鐸が確認されたのは全国で初めて。研究者は「銅鐸の祭祀(さいし)を考える上で極めて貴重だ」と注目している

 7個は、「入れ子」状態の3組計6個と破損した1個。石材セメント製造会社の砂置き場で4月に見つかり、元々埋納されていたとみられる沿岸部の地名から「松帆(まつほ)銅鐸」と名付けられた。今回、砂に埋まっている可能性のある「舌」の位置などを慎重に調べるため、奈良文化財研究所(奈文研)がX線で断面を撮影した。

2組はいずれも高さが約32センチと22センチ前後の銅鐸が二重になっており、各銅鐸の内側に長さ約13センチと約8センチの舌を確認した。舌は4月に見つかった3個と合わせ計7個を数え、1カ所で確認された青銅製としては過去最多。

参考 朝日新聞デジタル 2015.06.27

【関連する記事】