消えゆく隠れた国産傑作機

2015年秋の初飛行を目指し、地上走行試験中の国産旅客機、三菱リージョナルジェット「MRJ」このMRJは2015年7月現在、407機の受注を得ており、1962(昭和37)年に初飛行した戦後初の国産旅客機、日本航空機製造YS-11の総生産数182機をすでに上回っています

しかしMRJの受注数407機という数字、生産数(受注数)としては戦後最多ではありません。YS-11とほぼ同時期に開発(1963年初飛行)され、総生産数約800機を記録。史上空前の大ヒットとして成功を収めた国産飛行機が、実は存在しています

その国産飛行機の名前は三菱MU-2小型のビジネス機であり、ターボプロップエンジン(一般的なプロペラ機用エンジン)を双発で搭載した、いまでいうビジネスジェットのような飛行機です。どちらかといえば、MRJよりも「ホンダジェット」に近いかもしれません。

 MU-2は主にアメリカで販売されました。なぜMU-2が大ヒットしたのか、その理由について、三菱重工業広報部の諏訪下さんは以下のように語ります。

MU-2はプロペラ機とはいえ最大巡航速度は約550km/h以上これはYS-11や三菱「零戦」の最高速度を超えており、当時としては非常に高速でしたまた短い滑走路で離着陸できたこと例えば舗装してない空港でも環境を選ばず簡単に離着陸でき、そのうえ様々な用途で使えたことが、大ヒットの要因とであったとみられます

アメリカ空軍も採用した日本のMU-2

 その高性能による多用途性は事実、アメリカ空軍でさえF-15やMiG-29戦闘機をシミュレートする「航空戦管制用練習機」としてそれを運用していることからも証明されています。アメリカ空軍のジョー・カンニッツォ中佐は次のように語ります。

MU-2は頑丈で信頼性、機動性に優れ、そのうえ実際に戦闘機を飛ばすよりも経済的であり、まさに航空戦管制用練習機として最適の機種です

 MU-2はアメリカ空軍だけではなく、自衛隊においても運用されています。航空自衛隊はレーダーや救命具投下用のドアを追加し、ヘリとペアを組む救難捜索機として1967(昭和42)年から29機を調達しています

また陸上自衛隊も1969(昭和44)年より20機を導入しました。なお陸上自衛隊機のみ「LR-1」という別の制式名称が与えられており、「L」は少人数や軽貨物の輸送を任務とする連絡機としての任務を、「R」は偵察機としての任務を表します

1991(平成3)年の雲仙普賢岳噴火においては、LR-1が上空から空撮を実施していますヘリコプターではどうしても斜めからの撮影となってしまうため、垂直写真を上空から撮ることのできるLR-1は貴重な情報収集手段でした
 しかし自衛隊のMU-2は、残念ながらまもなく「運用されていた」と過去形で語ることになります。航空自衛隊機は2008(平成20)年に後継機U-125Aの配備が完了し、全機が退役しました

陸上自衛隊のLR-1も、2015年7月時点において数機(1機という不確定情報)しか残っていません。すでに後継機LR-2(ビーチ・エアクラフト「キングエア」)の配備が行われており、今年中に全機が退役する見込みです

この先、日本においてMU-2を見る機会はほとんど無くなってしまいます。しかし、輸出された機体については別です。

MU-2生誕50周年を記念し、アメリカ人のオーナー様がMU-2を飛ばし世界一周をされたようで、MU-2生誕の地である県営名古屋空港にも着陸したことがあります。その出来事がとても印象に残っています」(三菱重工業広報部、諏訪下さん)

「I love it!(MU-2が大好きだ!)」(リッチ・ホワイト米空軍退役中佐)

世界中で愛され続ける、知られざる国産傑作機MU-2は、今後も空を飛び続けることでしょう

 

参考 乗り物ニュース 2015.07.18

【関連する記事】