海自機、比海軍に貸与→南シナ海監視に

政府は、退役した海上自衛隊の練習機(航空機)「TC90」をフィリピン海軍に貸与する方針を固めた

 フィリピン側は中国による南シナ海での海洋進出の動きに対し、空からの警戒・監視に利用する日・フィリピン両政府は、今春にも貸与で合意する見通しだ

フィリピン海軍が警戒・監視に利用する航空機は、行動半径が約300キロと狭く、「中国が進出する南シナ海のスプラトリー(南沙)諸島全域を監視して戻ってくることは難しい」(政府筋)というフィリピンは南沙諸島のスービ礁、ミスチーフ礁などで中国と対立しており、広範囲で活動できる航空機を求めていた

TC90の行動半径はフィリピン軍機の2倍以上で、南沙諸島の大半をカバーできるという。練習機であるTC90には、レーダー類などがほとんど搭載されておらず、フィリピン海軍が当面、目視による警戒・監視に利用するとみられる。

読売新聞 2016.02.29

 images (3)images

【関連する記事】