海自が米・インドと共同訓練

海上自衛隊は7日米国、インドの海軍と沖縄本島の東方海域で共同訓練を行うと発表した10日から17日まで昨年10月のインド洋に続き、日本の南西諸島周辺で3カ国が共同訓練をすることで、海洋進出を強める中国をけん制する

海上自衛隊からは空母のような形をした大型護衛艦や、新型の国産哨戒機インドとの間で輸出協議を進めている救難飛行艇が参加する対潜水艦や対空などの戦闘訓練を行う。米海軍からは空母が参加する見込み

 images (14)

この訓練は「マラバール」と呼ばれもともとは米印2カ国が毎年行ってきた日本は2007年に初めて加わり、今回で5回目となる。前回は昨年10月、インド洋のベンガル湾での訓練に参加した。

南シナ海とインド洋、東シナ海で動きを活発化させる中国に対し、米国やインド、日本などは警戒を強めている米国は、中国が南シナ海で造成する人工島の近くに艦船を派遣。また、懸念を共有する各国が、共同訓練や装備協力を通じて連携しつつある

(久保信博)

ロイター2016.06.07

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】