海外向け新型新幹線→台湾採用へ

JR東海などの海外向け次世代新幹線の車両が、台湾新幹線に採用される見通しになった

受注規模は最大14編成(168両)、1000億円近くになりそうで、早ければ2020年度に運転を始める日本は官民一体で高速鉄道輸出に注力しており、各国での採用拡大に弾みが付きそうだ

台湾新幹線は07年に開業した東海道新幹線「700系」を基に台湾向けに開発された「700T」の34編成が現在、台北―高雄間(345キロ・メートル)で運行している

ダウンロード (13)

追加受注は「N700系」を基に、JR東海が海外向けに開発している新型車両「N700Iバレット」で、「700T」よりも消費電力を抑え、軽量化を進める台湾新幹線を運営する台湾高速鉄路(台湾高鉄)が購入する。台湾・蔡英文(ツァイインウェン)政権が20日に発足後、納入時期などを詰める。

読売新聞2016.05.16

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】