海外では日本料理が高級感があるのか?

中国の掲示板サイトにこのほど、「なぜ海外では日本料理の方が中華料理よりも高級感があるのか?」と題するスレッドが立った。

米国西海岸に住んでいるというスレ主は、「日本料理店も中華料理店もたくさんあるのだが、米国人の中では明らかに日本料理の方が中華料理よりも高級という意識だ欧州も同じような意識のようだ。これはなぜなのか?価格、衛生、環境、料理の質ゆえなのか?」と質問している。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまな回答が寄せられた。

心がこもっているからだ。日本料理はおいしいとは言えないが、食材から盛り方まで非常に凝っている
日本料理は食材と見た目を重視し、味付けはあまり重視しないという欧米の料理の習慣と合っているからだろう中華料理の味付けは外国人には受け入れられない。食材本来の味が好きだからだ

日本料理の強みは健康に良いことにある
「イメージの問題じゃないかな」

「日本料理はミシュランガイドの3つ星を取った店が比較的多いからじゃないか」
なぜなら、鬼子(日本人に対する蔑称)は文化輸出がうまくて、自分たちの文化保護がよくできているからだ

中華料理は、海外ではファストフード路線をいっている日本料理の高級路線とは異なる
外国の中華料理店はお化け屋敷みたいだからな

参考 Record China 2015.01.21

 

【関連する記事】