海に50階ビル相当の風力発電

福島県いわき市の小名浜港で22日、海に風車を浮かべる「浮体式」では世界最大の出力となる、7千キロワットの洋上風力発電設備が披露された経済産業省の実証研究事業で、丸紅や三菱重工業など10社1大学が手がける。12月から沖合で実証運転を始め、早期の実用化をめざす。

風車部分には長さ約82メートルの翼が3枚あり、翼が垂直になった状態での海面からの高さは189メートル。50階建て前後の超高層ビルに匹敵する上から見てL字形に組んだ「浮体」のうえに風車を固定した状態で船で移動させ、沖合約20キロの地点で発電し、海底ケーブルで電気を地上に送る仕組みだ約6千世帯分の電気がまかなえるという

洋上の風力発電は、欧米が浅瀬で海底に設備を固定する「着床式」で先行し、すでに実用段階にある。これに対し、日本は浅瀬が少なく、陸上でも適地が減っているため、沖合で発電できる「浮体式」の実用化を官民挙げて目指している。すでに福島沖で2013年11月から、2千キロワットの風力発電設備1基が稼働しており今回が2基目。3基目となる5千キロワットの設備も今年度中には設置する予定だ。(篠健一郎)

参考 朝日新聞デジタル 2015.06.23

【関連する記事】