注射1本で動脈硬化チェック

注射1本で「動脈硬化のごく早期」をチェックできる「LOX-INDEX(ロックス・インデックス)」が注目されている。現在、全国600カ所の医療機関で実施されている。埼玉県済生会川口総合病院健診科・内藤直木科長(循環器専門医)に聞いた。

脳卒中や心筋梗塞などの原因となる動脈硬化は血管内皮細胞の慢性的な炎症によって起こる。この炎症はなぜ起こるのか?

血管内のLDL(悪玉コレステロール)が活性酸素などによって酸化し、『酸化変性LDL』という物質に変わります

これが『LOX-1』というタンパク質と結合し血管内皮細胞の炎症を引き起こすのです

 酸化変性LDLとLOX-1は掛け合わせによって、相乗作用で動脈硬化のリスクを上げていく。つまり、動脈硬化のリスクをチェックするなら、酸化変性LDLとLOX-1の掛け合わせの数値を調べればいいそれを可能にしたのが、ロックス・インデックスだ

「動脈硬化のリスクを調べるならほかの検査もあるだろう」と思うかもしれない。MRIやCTなどの画像検査、心・頚動脈エコーなどの伝播脳波検査がある

しかし、これらで異常が見つかるのは、動脈硬化がかなり進行してからで、治療の介入としてはベストの時期ではありません

■他の検査では測定不能

血液検査などの一般生化学検査もあるが、LDLは測定できても、酸化変性LDLとLOX-1はわからない。LDLそのままでは血管内皮細胞の炎症を引き起こさないので、ロックス・インデックスなら、さらに一歩踏み込んだ検査ができるというわけだ。

動脈硬化をごく早期から治療すべきなのは、脳卒中や心筋梗塞といった脳血管疾患の回避が目的脳卒中の年間患者数は130万人で、そのうちの3人に2人は死亡か重度の後遺症を抱える。また、働き盛りの突然死の死因の7割は心筋梗塞で、心筋梗塞の死亡者の25%は1回目の発症で突然死するといわれている

「30~79歳の約4700人中、冠動脈疾患および脳卒中の既往歴がない約2400人を11年間追跡調査した本邦での疫学研究では、ロックス・インデックスの値が高い人は脳梗塞(脳卒中のひとつ)の発症率が3倍、心筋梗塞では2倍という高い数値を示しました

動脈硬化は進行すれば治療を受けても元の健康な血管の状態に戻すことができない。しかし、ロックス・インデックスで判明する「動脈硬化のごく早期」であれば、食事や運動などの改善で健康な血管を取り戻せる

ある33歳の男性は、1年前は深夜までの仕事、脂肪過多の食事と間食、運動時間がないという生活だった。

たまたま受けたロックス・インデックスで高リスクと判定。受診後、脂肪と炭水化物の摂取を減らし、野菜を特に夜多く摂取。深夜の間食を減らし、時間を見つけてウオーキングなどの運動をするようにしたところ、体重が7キロ減ってベストの状態になった。改めて受けたロックス・インデックスでは、低リスクに近い中リスクという判定だった。

40歳以上で、喫煙者、肥満、閉経の人、高血圧、脂質異常症、糖尿病、血縁家族に脳卒中、心筋梗塞にかかった人がいるようなら、ぜひ一度は受けてください

保険は適用されない。川口総合病院では、心臓への負荷を示すBNP値測定と合わせて1万2800円だ

参考 日刊ゲンダイ 2016.01.06
  EBTTjDcq4T2smF71445577871_14455789191 (2)

【関連する記事】