沖縄に海底鉱物資源

独立行政法人の石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は4日、。海底から噴出する熱水中の金属成分が沈殿し、銅や亜鉛、金、銀などを含む「海底熱水鉱床」を形成している国内の大規模な海底熱水鉱床は2例目

同機構は2012年から沖縄周辺で音波を使った海底の地形調査などを実施した。その結果、「伊平屋小海嶺(かいれい)」と呼ばれる地域の南北1キロ、東西600メートルの範囲に、鉱物資源がまとまった大小20以上の円すい状の塊を確認した。今後、ボーリング調査などで資源量を詳しく調べる

参考 時事通信 2014.12.04

【関連する記事】