沖ノ鳥島

 沖ノ鳥島は北緯20度25分、東経136度04分に位置し、東京から約1,700km、小笠原諸島父島からでも約900km離れた我が国最南端の島です
この島は東西に約4.5km、南北に約1.7km、周囲11kmの卓礁で、我が国の国土面積(約38万km2)を上回る約40万km2の排他的経済水域を有する国土保全上極めて重要な島ですが、満潮時には北小島、東小島の2つの島が海面上に残るのみとなってしまいました
この2つの小島が侵食により、水没する恐れがあったため、昭和62年度(1987)から護岸の設置等の保全工事を実施しました
しかしながら、気象・海象条件が厳しく、現地調査時には東小島近傍で約200kgのコンクリート塊が発見され、風雨によりコンクリート破片が発生し、小島を破損する恐れがあることからチタン製ワイヤーメッシュの防護工を設けるなどの保全対策を実施しました
このような背景のもと、平成11年には国土保全上きわめて重要である沖ノ鳥島の保全に万全を期するため、全額国費により国土交通省(当時建設省)が直接海岸の維持管理を行うことになりました
平成22年には排他的経済水域及び大陸棚の保全及び利用の促進のための低潮線の保全及び拠点施設の整備等に関する法律」が施行され、平成23年には同法に基づき、「低潮線保全区域」が設定され、沖ノ鳥島の管理がますます重要となりました

沖ノ鳥島 位置図
 国土交通省 関東地方整備局 京浜河川事務所2016.04.28
  images-3-48-150x150images

【関連する記事】